2008年2月26日火曜日

RIAのキーワードは「おもてなし」らしい

昨年の秋のアドビのMAX以来、RIA(アドビはAIR)の動向を見ている。アスクルや楽天オークションなどが出てくるらしいので実際にマーケット(ネット)に出てくるものを待っているが、その後どうなっただろう。

マイクロソフトのRIAであるsilver lightとの覇権争いも気になる。

Microsoft Silverlight: Light Up the Web

使 い勝手というか、使っていて気持ちのいい操作性、それが「おもてなし感」なのだろうが、そういうサービスが出てくると、確かに積極的に使ってみようという 気になるし、発言してみようとも思うので、私がこのブログでテーマに掲げたソーシャルメディアとの関係が生まれてくる。

最近レビュー(企業側からいえばCGM)に注目している。ブログやホームページを離れてレビュアーという活躍の場が生まれ、そこでのパフォーマンスにより、食べていけるようになるのではないかということである。

2008年2月23日土曜日

AcrobatReader8.0で出会った問題

アクロバット7.0に脆弱性があり、8.0にバージョンアップするようにとのアナウンスがしばらく前にadobeからあったと記憶している。そんなのを無視していたが、どうしても読み込めないpdfファイルがあって、バージョンの問題だと思ったので、おとといバージョンアップを試みた。

無視していた理由は7.0にもしていなかったからなのだが、どうしても自宅のPC(XPマシン)でインストールが完了しない。正確にはインストールはうまくいき、最後に使用許諾文書に「同意する」とやればいいのだが、クリックはされるが、その先に進まない。どうやっても、クリックを認識しないようだ。下にはjavascriptが表示されるので、そこで不具合が起こっているのだろう。

仕事でどうしても読まなければならないPDF文書だったので、いろいろ考えた。結論はバージョンを下げたらうまくいくかもということ。

それで8.0をアンインストールして、7.0を探しだしてインストールしてみた。
8.0のインストールの手順はえらく時間がかかったのに、7.0はほんとうにあっけなく終わる。

この時点で少し、疑念が頭をよぎったが、仕事優先で、とりあえず7.0のインストールを終え、無事に文書を読み終えた。

その時、ふと、7.0の脆弱性のことが思い出された。あれはなんだったのか?そして、なぜ未だにadobeの正式サイトでダウンロードできるのか?なぜ、8.0のインストールのプロセスは複雑になり、時間がかかるのか?

adobeのオープンソース戦略については昨年の秋のAIR MAXというイベントで勉強した。すごいと思ったし、本気を感じた。乗り遅れてはいけないから、ブログも作ってみた。(更新するほどの知識がないのでほったらかしだが)

ふと、adobeのオープン戦略ってユーザーのデスクトップを「オープンにしろ」ということではないかと思った。まったく根拠がないし、いいがかりかもしれないが…。

でもよく考えるとRIAの方向性とは、そういうことでもある。IT企業がオープンになる前に、ユーザー情報が丸裸にされていく気がする。デスクトップレイプ?

googleのアカウントなんか持つともう、とんでもなく、下半身がすーすーする気がする。サイトの閲覧履歴で、その日の行動がわかってしまったりする。それはそれで便利だが、危険でもある。

そういう問題を抱えつつのRIAなのか。