2014年1月22日水曜日

ある教授の最終講義

最終講義とはさびしいものだろう。

この季節は2,3人の最終講義を毎年聞いている。

渾身の講義というより、適度に力が抜けて存分に語るという形が多いようだ。

熟達の技。

間合いがなかなかいい。

講義に味があるということだろう。

そして最後にやはりメッセージが込められる。

学生に対して、同僚に対してのメッセージである。

私が関心を寄せている「ソーシャル」ということとはおよそほど遠いと思われていた先生の最終講義の最後に専門家だけではだめで、社会の参加が必要とソーシャルな話が語られた。

原子力工学の先生の最終講義の場面である。